日本のバスケットボールのまわりで生きている人のブログ(仮)

あっちこっちの媒体で国内バスケットボールの記事を書いたり企画を提案している青木美帆のブログです

熱いぜ川崎健児!!

昨日次号の制作がひと段落したタイミングでアレですが、Standard神奈川vol.13が好評発売中です。(ここから買えますよ~デジタル版もありますよ~)

 

f:id:miho_awokie:20161213220710j:plain

この号はほとんど編集担当として動いていたので、ライターとして寄稿したのは桐光学園高校バスケットボール部の1本のみでしたが、楽しい取材&執筆となりました。

 

青木の地元・川崎市に所在する桐光学園は3年ぶりのウインターカップ出場を決めました。夏の法政二に引き続き、川崎勢が県制覇!熱いぜ!!

取材に訪れた日は、学校がお休みかつ3年生は軽いメニューということもあって、教室を一室お借りして、3年生全員の話をたっぷり聞くことができました。男子校の教室に入るのは初めてのような気がしましたが、長期期間中なのにそこはかとなく匂ったことは今でも鮮明に覚えています…ああ思春期よ。そして、決勝で法政二を突き離せた原動力の一つが「アレ」だったとはなぁ…と目からウロコでした(気になる人はぜひ読んでくださいね。ここから買えます!しつこい!!)。

 

せっかくみなさんに時間を割いてもらったのに、紙面に全員のコメントを載せられないのももったいないなかったのと、わりと自由気ままに話してもらえたことで選手たちの素が見える面白い内容になったので、fbページでは特別編を展開しました(こちらは誰でも読めます)。

 

 

www.facebook.com

 

www.facebook.com

 

今年の3年生は、中学時代にジュニアオールスターで全国制覇を経験した主力が揃います。あちこちの記事で何度もこの情報を紹介させてもらっている身ではありますが、それがあくまで3年前の栄光だということは、選手たち自身が一番よくわかっていることでしょう。インターハイでも数人が参加した国体でも、選手たちは「高校の全国」の高い壁を痛感しました。

ジュニアオールスターは例年東京体育館がメーン会場となるのですが、彼らはイレギュラーに大田区総合体育館で決勝を戦ったため、東京体育館でバスケットをするのはおそらく最初で最後。「ウインターカップってどんな大会だと思いますか?」という問いに返答する田代キャプテンの、ニヤついた表情が忘れられません(それだけ楽しみにしているってことだよね)。

 

1回勝てばインターハイで戦った福大大濠との再戦というドラマチックな組み合わせで、一体どこまで勝ち進めるのか。地元っ子たちの戦いぶりをしっかりと見届けたいです。