日本のバスケットボールのまわりで生きている人のブログ(仮)

あっちこっちの媒体で国内バスケットボールの記事を書いたり企画を提案している青木美帆のブログです

「TIP OFF」発行しました

JBA登録者向けのフリーマガジン「TIP OFFvol.13」が発行&発送されました。

 

 

巻頭の法政二高特集と、辻秀一先生のインタビューを担当しています。

 

「ふつうのチーム」にこそ参考にしてもらいたい法政二高のチーム作り

今号のテーマが「チーム作り」に決まったという連絡を編集部から受け、「どこかいいチームはないですかね?」と聞かれて真っ先に頭に浮かんだのが法政二高でした。

有名選手がいる全国上位のチームを紹介してもよかったのですが、読者の主対象である「ふつうの選手たち」が言い訳をせずに「自分たちも頑張ろう」と思えるようなチームの取り組みを紹介したかったのです。

5段階評価で平均4.5以上の評定が合格目安となる法政二高には、スポーツコースも学力度外視の推薦もなく、ジュニアオールスター神奈川代表になった選手も1人しかいません。それでも全中出場選手のいる厚木東に勝ち、ジュニアオールスター優勝メンバーだらけで県内負けなしの桐光学園に勝ち、寮と留学生を擁するアレセイア湘南に勝ち、あれよあれよと神奈川を制覇しました。

これまでにも取材をさせていただいた中で「このチームには絶対に何か『仕掛け』がある」と踏んで取材を敢行してみたら、やはりビンゴ。部員を「バスケットをプレーする高校生」でなく「バスケットボール部という組織の一員」と見立てることで、71人の部員が高いモチベーションを保てるということがわかりました。

こんなファンキーな部員もいます。

若干ぶっ飛んでいますが(TIP OFFの取材時にはヒゲも生やしていました!笑)、バスケットとチームに対してとても真摯で熱い高校生で、実に法政らしい子だなーと頬がゆるみます。

法政二高は来週よりウインターカップ予選に挑みます。県内のライバルたちも「二度は同じことはさせまい」と必死で準備していることでしょう。さて、3年生にとって最後の大一番の行方は――。引き続き見守っていきたいです。

 

お母さんはメンタルが強い!

スポーツドクターで「スラムダンク勝利学」の著者でもある辻秀一先生には、部活をする上でぶちあたる悩みにご回答いただきました。

シュートやハンドリング技術も日々の積み重ねが大切ですが、強いメンタルを育む方法もやはり地道な取り組みから。うまくいかないことや予想外のアクシデントに一喜一憂せず、「できることをしっかりやろう」と思えるクセをつけていきたいですね。

 

こちらの取材をしているときに思ったのは、「『母は強し』は心理学的な説得力があるのだな」ということです。

 

辻先生が言わんとしていることは本誌をご参照いただきたいのですが、お母さん方は日々予想外の、自分の都合とはお構いなしのトラブルに見舞われています。初心者母ちゃんの自分も「自分が寝ようとしたら泣き出す」「出かけなきゃいけない時間なのに起きない」「仕事が佳境だけど熱が出た」などなど思い通りに行かないことが当たり前すぎて、イライラを通り越してもはや「それがどうした」という境地になってきました。

子供が大きくなれば「ケガをした」「ものすごく汚れて帰ってきた」「迷子になった」「ケンカをした」などなど、もっと予想外なことに遭遇するのでしょう。こういったことにいちいち動じていたらお母さんたちは身がもたないですよね。これも実はメンタルトレーニングの一種なのだなということがよく分かりました。私も少しは打たれ強くなってくれると信じ、子育てに邁進します。

 

****

その他にも東京成徳大学高校女子部や元女子日本代表の田中利佳さん、SUNS.EXEの石田剛規選手が登場している「TIP OFF」。多くのJBA会員様に見ていただければ幸いです。